月見うどん の美味しい作り方 How to cook japanese Tsukimi Udon noodle.Made in japan.

月見うどん の美味しい作り方 How to cook japanese Tsukimi Udon noodle.Made in japan.

(作り方・説明)
月見うどんの美味しいゆで方と作り方 How to cook and make Udon noodle at home.
まず、たっぷりの水を沸騰させお湯にします。そして、乾麺のうどんを少しずつぱらぱらと入れます。下からかき混ぜ、火は強火で下から持ち上げる感じで軽く混ぜます。吹きこぼれそうになったら水を入れる。 吹きこぼれそうな時だけ少し水をさします。常に沸騰しているような状態を保ちます。
ゆで具合は、手打ちうどん、乾麺などによって目安の 時間はありますがパスタを茹でる時のように食べてみるのが一番わかりやすいと思いますが、芯が残っていなければ完全OK。

このように、乾麺うどんのゆで方はコツを押さえれば美味しさが変わります。
乾麺うどんでも美味しく食べるためにもう一つ気を付けたいのがそばの湯加減。
「温度」はちょっとしたことですが、このコツを押さえれば誰でも美味しく頂けますので、ぜひやってみてくださいね。生麺でも乾麺でも基本は同じです。

(※注意:CAUTION)小麦アレルギーの方は決して食してはいけません。命に関わるくらい重篤になるとのことですので、乾麺袋の中の匂いを嗅んだり舐めたり食べないようにして下さい。
Udon (made of wheat) belongs to an allergenic food. People with food allergies have to be careful because it may cause allergy symptoms. Dont eat Udon.

材料: ※この映像では北海道製麺メーカー製造・北海道産うどん乾麺を100%使用。
(Material)Udon powder is made and produced by 100 % wheat at Hokkaido.

袋入り乾麺のうどん200g(メーカー問わず) (Kanmen Soba = Dried Soba noodle)
お湯( boiled water) : 1,000cc
めんつゆ (Men-tsuyu with Dashi,using by Mitsukan,Kikkoman or any brand Ok.)
めんつゆは5倍から6倍に希釈して使います。Dilute it 5-6 times with hot water.
具材 (Guzai):椎茸、ねぎ・・・他 (Shiitake,Green onion…etc)
卵 :1個(1 egg)

【簡単な茹で方】 できるだけお湯を多くして、完全に沸騰させてから乾麺のうどんを入れます。
面同志がくっついて固まらないように、箸で少しほぐします。
再度沸騰したら火を弱め、吹きこぼれない程度で、表示時間にプラス1分の時間を茹でます。

【本格的な茹で方】
たっぷりなお湯を沸騰させておきます。
バットなどの容器に水を張り、乾麺を入れて軽くバットを揺すります。
そのまま5分間放置します。
水で戻した麺をそっとつかみ、お湯の中に入れて茹でます。
火加減は弱めで、麺が鍋の中でぐるぐる回転するぐらいがベストです。
表示時間より1分か2分少なめの時間で茹でればゆであがりです。
《冷たいうどんの場合》
ゆで上がったら、そのままざるにあけ、よく水洗いして冷やしたら完成です。

《温かいうどんの場合》
ゆで上がったら、ざるに麺だけを移して、よく水洗いします。
お湯はこぼさず、コンロに戻しておきます。水洗いしたら茹でた鍋に再びもどして再加熱します。
暖まったら、どんぶりにとりわけて利用します。

【調理のコツ】温かい麺で食べる場合は、ゆで汁を残しておいて温めに再利用すると無駄がありません。
ただし、少し乾麺くささが残るので、それが嫌な場合は別の温めようのお湯を沸かしてください。
または、作った温かいうどん用のつゆの中に洗った麺を入れて加熱するのも簡単です。

【結果】 
うどんの乾麺はあらかじめ水で戻して指定時間よりも少なくするか、多少長めに茹でることが生麺らしいゆで上がりになります。どちらがいいかは好みですので、試してみて好きな方を選択するといいでしょう。
安い乾麺はボソボソしていると言う人もいますし、実際にそのような製品もありますが、お湯をたっぷりで、少し長めにゆでると、ほとんど解消されることが多いので是非お勧めします。暑い季節も寒い季節も楽しめるので常備しておくと楽でいいです。

乾麺をゆでる時は、たっぷりの熱湯で 乾麺100gに対して水1ℓくらいが目安です。
お湯は必ずよく沸騰させ、そこに麺同士がくっつかないようにパラパラとさせながら入れます。
ここで鍋底などにもくっつかないように菜箸でやさしくかき混ぜながらゆでます。 乾麺は麺の種類やメーカーによってもゆで時間の目安は違いますので、それぞれの 目安時間を参考にゆでましょう。 流水でさっと洗う. ゆで上がったら冷たい流水でさっと 洗い、澱粉による表面のヌメリを洗います。

乾麺のそばの茹で時間を短縮するテクニックを紹介しますと、茹で時間の短縮だけではなく、食感や風味まで良くなります。一般的にそばを美味しく茹でるためには、たっぷりのお湯が入る大きな鍋が必要なのですが、その条件もクリアしてしまいます 。
お歳暮などに乾麺の蕎麦をいただいた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
乾麺のうどんは手打ちうどん専門の店で食べる場合にくらべると食感、味ともにかなり落ちます。生麺であれば、上手く茹でればお店の味に近くはなるんですが・・・。乾麺の場合、上手くゆでても、乾麺独特の食感、味がありますよね。なんか、パサパサ、モソモソした様な感じですね。でも乾麺は、ちょっとの手間でとても美味しくなります。
乾麺の簡単で美味くなる茹で方(ゆでかた)の補足説明をしていきます。乾麺はその名の通り乾いた麺であり乾いたままお湯に入れてゆでるようになっています。でも、この乾麺も製造の段階で乾燥される前は生麺の時があったわけで、その生麺の状態に少しでも近づければ食感、味ともに良くなるワケです。
まず乾麺が入る大きさ(長さ)の容器(バットのような容器、別に乾麺が入るくらいの大きさならなんでも結構です)それと水を用意します。
そして容器に水を張りその中に乾麺を浸し、約5分間水の中に浸けておきます。
すると、不思議なくらい麺がしっとりとしてきて、まるで生麺の状態が甦ったようになります。
ただし、水に浸ける時間は5分が限界です。これ以上浸けておくと麺がもろく、バサバサになってしまうので注意が必要です。
そして、大き目の鍋を使い、たっぷりのお湯で茹でます。
このときも、必ず麺を箸でほぐしながら入れ、お湯の中で踊らせるように茹でてください。茹で時間は短くなる感じがしますが、乾麺の時と同じ様に説明書どおりの時間で茹でてください。茹で上がったら麺をよく水で洗いぬめりをとってください。仕上げに氷水でしめるとさらによくなります。
これで簡単に食感、味ともにアップしますので、ちょっと手間がかかりますがぜひお試しください。うどん乾麺の簡単な美味しい茹で方(ゆでかた)でした。

あらかじめ、どんぶりに麺つゆを薄めて希釈しておき、具材を入れておきます。
麺をそっと入れて卵をはなせば、「月見うどん」の完成です。

乾麺自体は値段も安くお手頃で大量に作れますので、成功をお祈りします。
ご家庭で美味しい「月見うどん」をいただくことはとても良いことですね。

※ただし、文頭でも書きましたが、卵や小麦アレルギーの方は決して食してはいけません。
命に関わるくらい重篤になるとのことですので、乾麺袋の中の匂いを嗅んだり舐めたり食べないようにして下さい。

(※CAUTION)
As Udon noodle(made of wheat)and egg belongs to an allergenic food, People with food allergies have to be careful because it may
cause allergy symptoms. Don’t eat Udon and egg. Thank you.

(関連・Follow)

天ぷら手打ちうどん

醤油ラーメン

How to make Light Ramen Noodle 塩ラーメンっぽいレシピ

Street Food Japan – A Taste of Delicious Japanese Cuisine Compilation

うどんカテゴリの最新記事