おうちでできる「本格イタリアン」【ラグー・アラ・ボロネーゼ】※※ミートソース、ボロネーゼ、ラグーの違いも…※※

おうちでできる「本格イタリアン」【ラグー・アラ・ボロネーゼ】※※ミートソース、ボロネーゼ、ラグーの違いも…※※

プロが教える、まかないシリーズ。

本格イタリアンンレシピで「ラグー・アラ・ボロネーゼ(ミートソース)」を作りました。

◆◇「ミートソース」と「ボロネーゼ」、「ラグー」の違い◇◆

ボロネーゼの正式名称は、「ラグー・アラ・ボロネーゼ」と言います。

ボロネーゼという言葉は「ボローニャ風の」という意味で、ボロネーゼは

その名の通り、イタリアの都市「ボローニャ」の料理です。

元々シンプルな料理だったパスタを、ボローニャの富裕層がフランスの煮

込み料理「ラグー」を元に、肉や野菜、ワインなどを使用して作られたも

のが起源と言われているそうです。

一般的にボロネーゼは、「タリアテッレ」という平打ち麺が使われます。

具材は、香味野菜をオリーブオイルで炒め、赤ワインとトマトの水煮で煮

るのが一般的で、味付けは赤ワインの酸味や渋みを活かして、塩コショウ

で整える程度だそうです。

ミートソースは、日本の洋食メニューの定番と言えそうですね。

実は、ミートソースは本来イタリアにはなく、日本独特のメニューだとか。

喫茶店でもお馴染みのメニューですね。

ミートソースに絡める麺は、タリアテッレ(平打ち麺)ではなく「スパゲ

ティ」を使います。

具材はボロネーゼとほとんど同じで、炒めた香味野菜とひき肉をトマトの

水煮で煮込んで作ります。赤ワインを使わず、ケチャップや砂糖など甘み

を付け足すレシピが多く、日本人の好みに合うように味付けされたレシピ

が多いようです。

日本のミートソースは、イタリア移民がアメリカに持ち込んだものを、進

駐軍が日本に持ち込み、日本人の舌に合うようにアレンジされたもののよ

うです。

※※まかないシリーズは、なるべく家庭でもそのままできるよう、スーパーで気軽に手に入る食材や家庭用キッチングッズを使っています。

簡単ですので、ぜひ試してみてください。

イベリコ豚おんどる焼 裏渋屋

東京都渋谷区円山町14-3

03(3463)2917

http://www.ondoruyaki.com/

WEBご予約は、

https://yoyaku.toreta.in/ondoru/

BBQ610

東京都渋谷区恵比寿1-25-3

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13226573/

#裏渋屋 #ボロネーゼ #まかない

BGM著作表示

https://incompetech.com/

パスタ+カテゴリの最新記事